AGAの症状と原因

AGAは薄毛のパターンによって分類される

AGAの症状は、薄毛の広がり方によって分類されます。

生え際が後退していく薄毛は、アルファベットのMのように見えることから、「M字型ハゲ」と呼ばれます。髪型を整えることで隠しやすいのが特徴です。この症状がAGAかどうか判断するには、頭頂部から垂直に線をおろし、生え際と直角に交わるように引いた線の長さを測ります。その長さが2cmよりも短ければAGAと認められるのです。

つむじが広がるようにして頭頂部が薄くなっていき、くっきりと肌が露出してしまう薄毛は「O型ハゲ」と呼ばれます。

M字型とO字型の症状が同時に起こっているのが「U型ハゲ」です。生え際が後退しつつ頭頂部も薄くなり、全体的に薄毛になっていきます。U字型がさらに進行していくと、頭頂部と前頭部からすっかり毛がなくなり、治療するのに長い時間が必要になります。

若い人でもAGAを発症する場合がある

男性型脱毛症(AGA)は、日本人男性の約30%が発症するといわれています。思春期以降から発症するようになります。額の生え際が後退したり、頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴です。

AGAは20代後半から40代に多くみられますが、20代前半で発症し、いわゆる「若ハゲ」になってしまうこともあります。

AGAの原因は、ジヒドロテストステロンとよばれる悪玉ホルモンの影響で、頭部の毛周期が乱れるためといわれています。

この悪玉ホルモンは、遺伝や食生活、生活習慣の乱れによって増加します。毛髪の成長を阻害し、髪の毛の生えかわりのサイクルも乱してしまうのです。

AGAの症状は進行していくため、放置していくとどんどん悪化していきます。進行を抑え、早い段階で解決するためには、クリニックで適切な治療を受けることが大切です。食生活や生活習慣を見直し、専用のシャンプーや頭皮マッサージなどでケアするのも効果的です。