AGAは女性にも起こる

女性のAGAは「FAGA」と呼ばれる

AGAというと男性が悩まされているもの、という印象ですが、実は女性の患者も増えているのです。

女性のが発症するAGAは「FAGA」と呼ばれます。患者数の割合はおよそ10人に1人で、増加の傾向にあります。

男性のAGAとは原因が異なるため、対処方も変わります。FAGAをAGAと同じ治療を行っても、改善されないどころか、逆に症状を進行させてしまう場合があるのです。

FAGAを起こる要因は個人で違いがあります。比較的多いのは、妊娠と出産による、著しいホルモンのバランスの乱れです。

AGAは、頭頂部や生え際など、特定の箇所から症状が現れ、広がっていきます。一方、FAGAは髪の量が全体的にまばらになっていき、髪の毛自体が細くてコシがなくなっていくのが特徴です。

AGA治療薬のプロペシアは女性には使われない

FAGAはAGAの治療薬で治療できます。ただし、女性でも使えるものと、女性は絶対に使ってはいけないものがあります。

代表的なAGA治療薬は、「ミノキシジル」と「プロペシア」です。

ミノキシジルはAGA、FAGAどちらの治療にも使える薬です。髪の毛の根本にある毛母細胞を活性化させることで、発毛を促す効果があります。

プロペシアは、女性は使ってはいけない薬です。女性がプロペシアを使うと重大な副作用が起こります。

プロペシアの有効成分「フィナステリド」は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンの働きを抑える作用があります。ジヒドロテストステロンは髪の毛の成長期を短くしてしまうため、AGAの原因になるのです。

ジヒドロテストステロンは女性の体内でも分泌されるため、フィナステリドは一見すると、FAGAに有効に思えるかもしれません。しかし、女性の体内のジヒドロテストステロンが抑制されると、胎児に大きな影響を及ぼします。

胎児が男の子だった場合、ジヒドロテストステロンの働きによって生殖機能が発達します。逆に言えば、ジヒドロテストステロンが正常に働かないと、生殖機能が正常に発達しません。女性がフィナステリドを使用して、男の子を妊娠、出産した場合、子供の生殖機能が欠落する危険性があるのです。

以上のことから、女性がFAGAになった場合、プロペシアは処方されず、ミノキシジルが選択されます。